blog

blog

「イエ」という場所。

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

  • blog

    date | 2017.1.10
    超高速レスポンスな人たち。

    現在プラン中の案件に、貼ってはがせる壁紙のご提案をしようかと考えていて ただ私は実際に使ったことがないため、先日からその件で(株)MUROさんへ問い合わせをしているのですが 「剥がせるように施工するには、基本的にスーパー […]…

  • blog

    date | 2017.1.8
    新しい世界へようこそ ―躯体完成―

    時代に取り残されたまま、ただ静かに余生を送るだけだったこの部屋が、新しく生まれ変わりました。 天井材や壁装材を剥がした躯体は左官補修をせず、そのままの状態で塗装しました。 本当は塗装もしないつもりでいたのですが、少々ワイ […]…

  • blog

    date | 2016.12.31
    2016年、ありがとうございました。

    2016年もあとわずかとなりました。 クリスマスに今年の振り返りをしたので、今日はごくシンプルに。 2016年も良い年でした。 ありがとうございました。 楽しそうに写っていた写真を、今年のシメにします。   2 […]…

  • blog

    date | 2016.12.29
    自信が、満ちる。

    コンテナに混ざってやってきた、イギリスからの木材(英文字がはいっているやつ)も一緒に 高砂ショウハウスの納屋から運び出された廃材(※)は、無事現場へ入りました。 「えらいベッピンさんが来たもんや。」 大工さんにしげしげと […]…

  • blog

    date | 2016.12.28
    足元から振り返る、2016年後半。

    夏:舞子公園をフラリと散歩 偶然撮れている足元の写真が意外と面白くて、夏以降集めていたら 1年をふり返るのにちょうどいい感じの材料になりました。 夏:城崎のギャラリー片岡さんで   夏:現調中   秋 […]…

  • blog

    date | 2016.12.26
    大切なのは気持ちの方。

    大掃除。 家じゅうピカピカにはできなくても、せめて水回りだけはと磨いていた洗面室を見た息子が きれいになったのにまた汚れるのが嫌だ、と言うので 人が住めば汚れはつくのだと答えました。 じゃあ住まないでおこうぜ、と言うので […]…

  • blog

    date | 2016.12.25
    My best thanks♡クリスマスの夜に。

    2016年は、高砂ショウハウスオープンという大それたことをやってのけました。 あまり周囲に知らせなかったので ずいぶん思い切ったことをと、口々に言われたものですが 実はビビりすぎて、とても口にすることができなかったという […]…

  • blog

    date | 2016.12.23
    完成を待ち望まれる希望に満ち、もう前しか見ていない。

    ハンチング帽にサスペンダーがトレードマークの、いつも陽気な大工さんに せっせと貼ってもらっているのは、木毛(もくもう)セメント板という建材です。 「リボン状に細長く削り出した木材をセメントペーストで圧縮成型した材料」と、 […]…

  • blog

    date | 2016.12.20
    できてる、できてる。

    カーテン生地を縫製所へ持ち込んで縫製してもらい、引き取りに行って自分で吊り込む。 今までやったことがなかったんですが、今回やってみました。 できてる、できてる。 ボイル生地のシンプル縫製。 吊込み完了しました。 モリタさ […]…

  • blog

    date | 2016.12.19
    着々と、粛々と。

    コンクリートブロック略してCB、化粧(塗ったり、貼ったり)せずに内装へ使ってみます。 積み積みしてもらって、間仕切りに。   提案してもなかなかYesの返事をもらいづらい、材料剥き出しの内装。 実は個人的にとて […]…

  • blog

    date | 2016.12.15
    自分にもっと、やさしくなってもいいのよ。

    我慢や自己犠牲が美徳として語られるこの日本で それらを拒否するのはとても勇気のいることです。 けれど、自己犠牲を強いられた人は他人にも自己犠牲を、強いるまではいかなくとも要求してしまいがち。 「私だってしたのだから、あな […]…

  • blog

    date | 2016.12.14
    エンドウさんを、つかまえて。

    ホームセンターの入口へ向かう途中、お母さんに手を引かれた3・4歳くらいの男の子とすれ違った。 水平線に対してほぼ平行に、パツっと切り揃えられた前髪は重さが足りず 根元から均一に浮いて庇状になっている。 お母さんが切ったん […]…

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ