date | 2019.7.3
セミナーは、活字から得られないものを得る機会。

ミント神戸
Houzz

明石市, 兵庫県, JPのHouzz登録専門家Kanako Ohnishi

クリエイターさんのセミナー

漏電が起こった”その日”の午後、神戸で開催されたこちらのセミナーを聴きに行ってきました。
→試されるサバイバル力、あなたは大丈夫?

株式会社神戸デザインセンター代表取締役・濱章浩さんによる
『これからのクリエイティブを活用した新規事業とは』

ハットグラフィコ 濱章浩氏

濱さんにとても興味がありお話を聴いてみたかったんです。
商号にも”神戸”と入っているように、この方は神戸に根を下ろした有名なクリエイターさんのひとり。
セミナー会場にはたくさんの人が来られていました。
お話の内容を一部かいつまんでご紹介。

 

理念がブレないこと

「あなたの好きなお店の魅力を隣の人に伝えてください。」
そう言われても言葉だけではなかなか伝えづらいでしょう、デザインとは、人に伝え、人をつなぐ手段だと思っている。
デザインにより母数を広げる、つまり関係人口を増やすことができる。
デザイナーは人に憑依して出していく。何でも参考にするし、ある意味他人頼みでもある。
アーティストはもっと自発的であり、自分自身が表に出すということ。独自の視点を持ち、自由であり、新しい物事を生み出す力を持っている。
大切なことは、デザイン思考とアート思考をかけ合わせ、失敗を恐れず独自の視点で考え、より多くの人へより広く表現すること。

中でも「理念がブレない」という言葉は印象に残っています。
これ自体に斬新な響きはなくて、むしろベーシックな言葉だと思うんですが、特に複数の事業を展開されている中では、理念という体幹がブレないことがどれほど大きな意味を持つか、発されるエネルギーや会場の空気感と相まって全身で理解できる感覚がありました。

 

人が発する言葉にはエネルギーがあります

通信講座より講師による講座の方が、断然理解が早く学習効率が良いといわれますが、やっぱり生身の人間が発する言葉にはエネルギーがありますから、活字を追うより腹落ちしやすいですよね。
このセミナーでもそれを実感しました。
今月もまたインテリアコーディネーター試験対策の担当講義が控えていますので、そこは意識していこうと思います。

 

ミント神戸

セミナー後、一緒に参加した友人と軽く食事をしにミント神戸へ。
漏電について語ってまいりました。笑

 

 


明石市, 兵庫県, JPのHouzz登録専門家Kanako Ohnishi

◆ただいま、新規のご依頼は2件お受けできます ※随時更新※
◆お問合せはこちらからお願いいたします           

空間ブランディング


経営者のみなさま、空間意匠にお困りではありませんか?
事業用空間、商業用空間のブランディングは、
ジオインテリアワークスへご用命ください。
お客様のビジネスシーンに最適なインテリアデザイン/コーディネート/スタイリングと
それらに付随する各種サービスをご提供しております。

 

◆ホームステージングサービスをメニューへ追加しました
→Home Saging ホームステージング

◆転職または未経験からインテリアコーディネーターを目指す方へ向けて書いています
→インテリアコーディネーターとして仕事をするということ

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ