date | 2018.10.1
Home Staging ホームステージング

ホームステージング
Houzz

もしあなたが
「保有物件を短期間のうちに、望み通りの購買層へ、
望み通りの価格で売却したい」
と、お考えなのであれば、きっとお役に立てるサービスがあります。


 

ご存じですか?
住まいのインテリアコーディネートと、売却物件のホームステージング。
似ているようで、実は性質が少し異なります。

人の暮らしに寄り添う、快適さや心地よさを前提としたインテリアコーディネートに対して
ホームステージングは、見た目の印象が最優先。
見栄えが大切なのです。

 

メビラニアンの法則
第一印象ホームステージング

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンの研究の中で提唱された「メビラニアンの法則」によると
人の印象は出会って数秒で、さらにその55%は、”見た目”で決まるのだそうです。

・言語情報7

・聴覚情報38

・視覚情報55

印象へ影響を与える割合は、視覚情報がとりわけ高いのですね。

 

 

こっそり明かす、インテリアの裏技
フォーカルポイント

部屋の中で、人の視線がまず集中する場所のことを、”Focal point(フォーカルポイント)”といいます。
フォーカルポイントを意識して空間演出をする。
すると、インテリアがまとまり、落ち着いた空間を作ることができます。
フォーカルポイントを作り込むことで、空間そのものの印象が良くなるわけですね。

フォーカルポイントは、空間の用途や性質に応じて、作り方を変えていきます。
この方法、実は、見られたくない箇所へ人の視線が流れるのを防ぐという、嬉しいおまけがついてくるんです。
といっても、写真の加工のように、特定の箇所を透明にすることはできません。
(できればいいのですけれどね!)

目に入ったとしても特別気にならない。
重要なのは、マイナス箇所を最低でもその程度にまで、昇華させることができるという点です。
裏を明かすと、私たちは空間演出を手掛ける際、このおまけを効果的に利用しています。

 

 

空間の第一印象はとても大切
売却物件

空間の第一印象が物件の売れ行きを左右することは、最近よく知られるようになりました。
印象の大切さは、人に限ったことではないのですね。
「綺麗」「明るい」だけではセールスポイントにならないことを、すでにご存知の方もきっと多いでしょう。

何もない空間へ通されると、人の視線は無意識のうちに、壁のキズや床の汚れなど、些細なマイナス箇所へと向けられます。
視線を集めるものが何もない上に、お客さまも無意識である以上、残念ながらこれは避けることができないのです。

不動産会社や住宅販売会社、建設会社の経営者や不動産投資家、マンションオーナーや建築家、インテリアデザイナーや空間プロデューサー、大工さんや職人さん、不動産の目利き人・・・独自の観察眼で物件を選ぶことのできるお客さまなら、何もない空間からその可能性を奇跡的に見出し、あなたの望み通りの価格で、物件を購入してくれるかもしれません。

けれど、そうではない方へなら、がらんどうの空間のまま、物件を案内することのメリットはありません。
なぜなら、がらんどうの空間は常に、画一的に・・・つまり、どれも同じようにお客さまの目に映り、その視線は、物件のマイナス箇所を、それは丁寧に拾い上げてくるからです。
価格競争へ突入する気配が、濃厚に漂い始める瞬間です。

 

 

「ホームステージング」という選択
ホームステージング

販売期間が長引くことの、経済的・時間的・精神的ストレスは、できることなら避けたいもの。
望み通りの条件のままストレスフリーで売却するために、私たちからご提案があります。

それが、ホームステージング」です。

ホームステージングとは、中古物件などを空室で売り出す際、家具や装飾品を設営することによって、モデルルーム(ハウス)のような空間演出を施す不動産売却手法です。
希望の購買層へ売れる物件をアピールし、来場者の購買意欲を喚起させることを目的としています。
ホームステージングには、本来のモデルルーム(ハウス)とは異なる8つのメリットがあります。

1.計画から設営まで、短期間で実現できます。
2.家具・備品の在庫管理、保管場所の確保といった手間がかかりません。
3.家具の処分方法を検討する必要がありません。
4.家具・備品を買い取る必要がなく、低予算での設営が可能です。
5.成約後は家具、備品を撤収。速やかに現状回復することができます。
6.必要な時、必要な期間だけの利用が可能です。
7.賃貸物件の空室対策にも有効です。※1)
8.居住中の物件でも設営することができます。※2)

※1)費用対効果を考慮した、賃貸物件用のステージングプランをご用意いたします。お気軽にお問い合わせください。
※2)現況を確認の上お見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。

そして休暇中や旅行中、ウォーキング中や睡眠中、デート中や歯磨き中、その他どんなときでも、
あなたに代わって24時間、ステージング写真が売却物件の営業をしてくれます。

業界の幅広いネットワークを活かした多彩なインテリアラインナップを取り揃え、
私たちは、あなたのオーダーへすぐにお応えする用意ができています。

「売れる物件」のステージング
お問合せ・お申込みは、今すぐこちらから!

 

 

スムーズな売却をサポートします
不動産売却

「保有物件を短期間のうちに、望み通りの購買層へ、望み通りの価格で売却したい」
そうお考えの
あなたへおすすめしたい、たくさんの理由があります。

 

✔ 完成度の高いインテリアを鮮烈に印象づけることで、他物件との決定的な差別化が図れます。
物件の第一印象が各段に良くなり、希望価格を下げることなく短期間での売却が見込めます。
 「売れる物件」演出により、お客さまの購買意欲を喚起させます。
 生活シーンをイメージしやすく、お客さまのモチベーションが上がります
暮らし方の提案がしやすくなり、着座から商談へスムーズに移行することができます。
 写真から差別化!ステージング写真の掲載により、来場者アップが見込めます。
 レンタル期間は1ヶ月から!「〇ヶ月単位」のしばりはありません。
 充実のオプションサービスをご用意!お好みのカスタマイズが可能です。
お待たせしません!システム化により、最適なインテリアスタイルを即日提案します。
 展示家具の買取りや、物件とのセット販売も可能!割引価格でご提供します。
ストレスフリーで不動産を売却することができます!

売却予定物件を画一的な空間から印象的な空間へと変身させ、スムーズな売却をサポートします。
大切な物件のホームステージングは、あらゆる空間の演出方法を熟知した私たちへ、安心しておまかせください。

 

 

 

 

特典をご用意しました
特典スペシャルオファー

ジオインテリアワークスはインテリアデザイン事務所です。
インテリアデザインやコーディネートに関しては、デザインフィー、コーディネートフィーといわれる料金が発生します。
私たちが通常、一般のお客さまへご提供するンテリアコーディネート料は、1室あたり90,000円です。
2室では180,000円、3室では270,000円と、部屋数に応じたインテリアコーディネート料を申し受けます。

通常はそうなのです。

が、ホームステージングをきっかけに、インテリアの持つパワーや可能性を知ってもらいたい。
そんな思いから、今回、下記の特典をご用意しました。

ホームステージングサービスをお申込みのお客さまに限り
部屋数に関わらず、インテリアコーディネート料を無料にてご提供いたします!
※ごめんなさい!限定2件/月とさせていただきます。※

特典は予告なく終了させていただく場合がございます。悪しからずご了承ください。

「売れる物件」のステージング
お問合せ・お申込みは、今すぐこちらから!

 

 

対応エリアについて

ホームステージング対応エリアは、近畿圏です。
私たちが直接目を配り、責任を持ってサービスのご提供をお約束できるエリアです。

淡路島を含む兵庫県・大阪府・京都府は通常料金、
滋賀県・奈良県・和歌山県・三重県は、現地調査費用に出張費が加算されます。

ジオインテリアワークスの対応地域

 

 

 

ホームステージングサービス一覧
ホームステージング

ホームステージングサービス一覧表

※1)現地調査費用は別途5,000円申し受け、正式にお申込み頂く場合はステージング費用と相殺させていただきます。
※2)2ヵ月目以降のレンタル料は、1ヶ月分レンタル料合計の20%/月となります。
※3)消費税は別途必要となります。

 

「売れる物件」のステージング
お問合せ・お申込みは、今すぐこちらから!

 

オプションサービス

ホームステージングオプションサービス

ホームステージングオプションサービス※4)オプションのみの申込みは受け付けておりません。
※5)メニューに記載のない事項につきましては、お気軽にお問合せください。

 

ホームステージングサービスをお申込みのお客さまに限り
部屋数に関わらず、インテリアコーディネート料を無料にてご提供いたします!
※ごめんなさい!限定2件/月とさせていただきます。※

特典は予告なく終了させていただく場合がございます。悪しからずご了承ください。

 

「売れる物件」のステージング
お問合せ・お申込みは、今すぐこちらから!

 

ホームステージング

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ