date | 2018.2.11
連続テレビ小説「べっぴんさん」坂東家のお屋敷 ー神戸市垂水区・ジェームス邸ー

ジェームス邸でローストビーフランチ
Houzz

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出てくる坂東家のお屋敷には、神戸・垂水にある「ジェームス邸」(神戸市指定有形文化財)という建物が使われていました。
ここはもともと、アーネスト・ウイリアムス・ジェームスという旧貿易商の自邸で、現在は婚礼施設兼フレンチレストランとして運営されています。

住居表示には使いませんが、この辺りを含めた山一帯を「ジェームス山」と呼びます。
「家どこ?」
「ジェームス山。」
こういう会話が、神戸では普通に成立します。余談でした。

べっぴんさん

 

さて、インテリアコーディネーター協会会員の皆さんと一緒に、神戸市垂水区・山桃荘を訪ねる前、このジェームス邸でランチをいただき、館内見学を堪能してきましたので、その様子と写真をアップしようと思います。
→心に響く秀逸のインテリア ー神戸・山桃荘ー

重厚な門構えです。

ジェームス邸

 

 

表札「JAMES-TEI」。

ジェームス邸

 

 

降り立った瞬間から、みんなすることは一緒ですから。
示し合わせたように同じ姿勢で、はい撮影撮影!

ジェームス邸

 

 

クリーム色の土壁や丸みを帯びた玄関のポーチ、橙色で円すい形のスペイン瓦葺。
スパニッシュ様式の瀟洒な建物、本館入口です。

ジェームス邸

 

 

ウエイティングルームです。
内装は英国風の意匠が凝らされ、大理石の暖炉や高い板張りの壁など重厚な雰囲気が漂います。
食事の前に、まずこちらへ通されます。

ジェームス邸

 

 

天井や照明器具の細工も、うっとりする美しさ。

ジェームス邸

 

 

こちらがロビーです。「THE・洋館」ともいうべき荘厳さ。
色の対比がドラマチックですね。
ここで撮影していただいたのが、トップの写真です。

ジェームス邸

 

 

食事は2Fの個室へ通して頂きました。
抜群の眺望と美しいテーブルセッティング、もうみんなテンションMAX!

ジェームス邸

 

 

食事が始まるまでじっとしているわけがなくて、室内あちこち、バルコニーに出てあちこち、はい撮影撮影!

ジェームス邸でローストビーフランチ

 

 

食事の方は、メインのローストビーフと

ジェームス邸でローストビーフランチ

 

 

デザートの写真だけ載せておきますね。
後方に見える黒いつぶつぶは、炭塩(すみしお)です。

ジェームス邸でローストビーフランチ

 

 

窓からの眺望。
この日は清々しい快晴で、最高の眺めを堪能できました。

ジェームス邸

 

 

これは窓からニョキっと腕を伸ばして撮影した写真です。
右下に見えるのは、ガラス張りのチャペルですね。
こちらの写真も後に載せました。

ジェームス邸デローストビーフランチ

 

 

この斬新な建物は、大宴会場。
チャペルも大宴会場も、後から新設されています。

ジェームス邸デローストビーフランチ

 

穏やかな瀬戸内の光景です。
神戸は南が海、北が山という地形で、しかも海も山も常にはっきりと見えているので、方向を瞬時につかめるんですね。
大阪に行くと方向が分からないという人、多数。笑
私だけじゃなかった、よかった・・・。

ジェームス邸

 

 

ランチをいただいた個室です。
中途半端なアングルですが、シャンデリアと窓の、品良く瀟洒な感じが伝わりますでしょうか。

ジェームス邸

 

 

テーブルが美しいうちに撮影していただきました。笑
右手前の方が、私の弾丸友達・上村さんです。
山桃荘見学ツアーの参加を募ったときも、即決即断!
→一般社団法人 日本フリーランスインテリアコーディネーター協会設立記念パーティ@学士会館

ジェームス邸

 

 

さあそして、食事を終えた後は展望台へ上ります。
(本館に展望台があるんですよ!)
いきなり現れた螺旋階段、もうこれは反則でしょう。

ジェームス邸

 

 

どう、このカッコよさ!?
心の準備ができていなかった。笑

ジェームス邸展望台への螺旋階段

 

 

この質感!
なんと美味しそうな・・・!(ヘンタイではありません)

ジェームス邸展望台への螺旋階段

 

 

展望台の照明器具。
小さいくせに凝ったデザインが憎いです。

ジェームス邸展望台の照明

 

 

そして床。
ランダムに、そして完璧に貼り尽くされた、こんな美しい床なんて、あり?
何を見ても大興奮の展望台、ほんと反則ですよこれは。

ジェームス邸展望台の床タイル

 

 

おまけに望遠鏡から見える海が、感動的美しさ。
「わ、めっちゃキレイ!すごいすごい!見て見てー!」
海は珍しくないはずなのに、やたらとはしゃいでます。
実は、もうみんな見た後だったんだって。笑

ジェームス邸展望台

 

 

と、意表を突く充実っぷりの展望台を後にして、ロビーへ戻ります。
迫力満点の3連ステンドグラス。

ジェームス邸

 

 

ダイナミックに活けられた生花の周りは、とても良い香りが漂っていました。

ジェームス邸

 

 

さあ屋外です。
ガラス張りのチャペルへ向かいます。
快晴でしたが気温は低くて、お昼時でも日陰には分厚い氷が張っていました。
人影は、たぶんその分厚い氷を見ている2人。

ジェームス邸チャペル

 

チャペル内には入れませんが、全面ガラス貼りですから十分です。笑
抜けるような解放感!
海に向かってガラス貼りで作られたチャペルが、やはり神戸は多いですね。

ジェームス邸チャペル

 

 

「ここで結婚式挙げたら?」
「挙式代、5,000円ずつ出すよ~♪」
「あたしたち、ガラスに張り付いて見守っとくから!」

クレヨンしんちゃん

イメージ写真

参加メンバー唯一の独身会員さんを捕まえてワチャワチャと。
関西のおばちゃんは、どうしてもこんなんなるね。笑

ジェームス邸チャペル

 

 

セレブが住む海外の邸宅のような構え。

ジェームス邸チャペル

 

 

反対側からも撮影。

ジェームス邸チャペル

 

 

完成した 1934 年当時、スパニッシュ様式の建物が阪神間の邸宅に多かったのだそうです。
こちらがジェームス邸本館の全貌です。

ジェームス邸

 

キャッキャいいながら歩く姿は、まるで遠足。笑
見どころ満載のジェームス邸を後にして、山桃荘へ向かいました。

山桃荘の様子はこちらをご覧ください。
→心に響く秀逸のインテリア ー神戸・山桃荘ー

 

 

 


◆ただいま、新規のご依頼は2件お受けできます。
※随時更新※
ジオインテリアワークスがお客様へご提供できるサービスについてはこちらをご覧ください
高砂ショウハウスのご案内はこちらをご覧ください
大西哉子のプロフィールはこちらをご覧ください
メディア掲載はこちらをご覧ください
お問合せフォームはこちらをご利用ください

 

 

 

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ