date | 2017.10.16
インテリアディスプレイ現場のお助けグッズ・ツヤ消しスプレー「ターレンス スーパーフィキサ マット」

Houzz

造木(モミジ)の葉っぱが妙にテラテラと光っているのが、いかにもフェイクっぽくて、どうにもスルーすることができなかったものですから、ツヤを消すスプレーがないかとホームセンターへ行ってみたんですが、艶消しニスとか、やはり塗料系スプレーしかなくて。

「えぇ、ニスかけたら溶けんちゃう?」
業者さんもこう言うし、困ったなと思っていたとき、手芸屋さんの画材コーナーで優れモノを見つけました。

ターレンス スーパーフィキサ(マット)
作品表面の保護・ツヤ消しのためのデザインフィニッシュ用スプレー、プラスチックにも使用可ということだったので、買ってみました。
自分で絵を描いたり作品を作ったりというクリエイティブな活動とは無縁で生きているものですから、こういうモノが存在することを知らなかったんですけど、これが使えた。

関係ないけど、レジ袋を無理やり引きちぎろうとした跡に性格が出てるなと、われながらつくづく思うショットです。

 

 

 

ひと吹きでツヤが抑えられます。これはちょっと感動モノ。

 

 

 

ひと吹きといいながら、嬉しくてブシュブシュ吹いてます。
大阪・北新地の路上の一角で、コソコソと人に背を向けながらモミジにスプレーを吹きかけていた女は、わたし。
吹き終わったモミジを抱えて、コソコソと消えていくあたりも不審な感じ。

・・・書いてるだけで怪しさ満載だわ。それでなくても”魔術師”とか言われているというのに。
「白じゃなくて黒いほうの、悪いほうの。笑」(by bow’s Design 坂本氏)

 

ということで、無事モミジのテラテラとしたツヤを消すことができました。
造木の葉っぱが予想外にテラテラと光って、いかにもフェイクだ困ったなというそんなとき、ぜひぜひほんとに心からお勧め。

”ターレンス スーパーフィキサ(マット)”ですよ、覚えてね。
そして後日。
土台を床にもみ込んで設置OK、のはずが、なんだかんだで結局使わないことになったこのモミジ。現場あるある~。
トップの写真は幻のショットと化したのでした。

 

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等、インテリアデザイン/コーディネートの新規ご依頼は2件お受けできます。
※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ