date | 2017.7.10
普通は妄想で終わることを、本当にやっちゃった人。

Houzz

本日、福井県よりMon Deco の坂巻由紀さん(左)と、堺市より毎度おなじみMURO の岡室妙子さん(右)が、高砂ショウハウスへお越しくださいました。
坂巻さんにお越しいただいたのは初めてです。
「普通は妄想で終わることを、本当にやっちゃった人(私?)が作ったものを、体感してみたかったの。」
あ、ありがとうございます。

坂巻さんは福井インテリアコーディネーター協会の要職を歴任されてきたとても器の大きな方で、岡室さんと私がわちゃわちゃと好き放題喋っているのを、微笑みを浮かべて聞きつつ、鋭い切り口で的を得たアドバイスをしてくださったり、かと思えば、とても可愛らしい(すみません)一面を見せてくださったり、本当に素敵な女性です。

 

現在投光器をペンダント灯として使っている納屋の写真を撮りたくて、ちょっと納屋でお二人お話ししてくださいなと無茶ぶりをしました。

 

 

「坂巻さん固い、固いです!」
「ぇえ~、か、固い?(汗)」
注文までつけて、すみません、本当に。

 

 

「こういう材料、アスワンさんには昔からあるんですよ。タワシで洗えるんです。」
「へぇ~、そうなの。」
だんだん自然体になってきました。(※写真はサンゲツさんの床材です)

 

「あ、帯だ~!」楽しそうな坂巻さんです。
(※高砂ショウハウスでは、インテリア材料としての帯も販売しています)

 

と、楽しい時間はあっという間に過ぎ、お二人は帰途へつかれました。
短い時間ではありましたが、とても中身の濃いお話ができて嬉しかったです。
ありがとうございました。

私もモデルをやってあげてもいいよというお客さまは、ぜひお知らせください。
バシバシ撮らせていただきます。

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等の新規ご依頼は、2件お受けできます。※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ