date | 2020.4.13
【デキる大人のオンライン姿】打合せのとき気をつけるたったひとつのこと

テレワーク アフターコロナ
Houzz

明石市, 兵庫県, JPのHouzz登録専門家Kanako Ohnishi

テレワークをされている方へ

自宅でテレワークをなさっている方が多いと思います。
わたしもオンラインで打合せをする機会がぐんと増えました。
1対1でも、数名~十数名いっせいでも。
出かけることなく打合せできるんですから、ほんと便利ですよね。

そんな便利この上ないオンライン打合せ時、わたしはある一点にとても注目してしまいます。

 

オンライン打合せのとき気を付けるたったひとつのこと

ファッションではありません。
表情でもありません。

それは・・・

_______

背景
です。

背景がきまっていると、デキる人に見えます。
相手が勝手に、あなたをデキる人だと思ってくれるんです

この機会を上手く利用しましょう。

多くの人が、壁または窓に向かって座っています。
デスクを壁際に配置しているということです。

この配置のメリットは部屋を広く使えることですが、デメリットもあります。

それはオンライン打合せのとき、背中の向こうに部屋が映し出されること。
そこは生活空間なので、背景に生活が透けて見えてしまいます。

片付いている、片付いていない
おしゃれ、おしゃれじゃない

というのは関係ありません。

相手がビジネスモードになりにくい、というのが最大のデメリットです

 

 

壁を背にして座りましょう

壁に向かって配置しているデスクを、部屋内に向けてみてください。
180度回転させる感じです。
難しければ、オンライン打合せ用デスクをあらかじめ配置しておくのも一案です。
デスクそのものは映らないので、どんなものでも構いません。

背景に映るのが壁または窓になるだけで、生活感が消えてなくなります。
アートを持っている人は、飾ってみてください。
PCカメラに映るところだけでOKです。
花や植物を置くのもいいです。

なければ無理に用意しなくて大丈夫です。
大切なことは、暮らしている空間を見せないということです。

 

お部屋感を出さない

あなたが自宅にいることは当然相手も承知していると思います。
でもあえてお部屋感は消しましょう。
アフターコロナに向けて、デキる大人を自己プロデュースしてください。

自宅にいる時間が長い今、インテリアを心地よくすることは大切だと思います。
でもビジネスをしている人にとって気になるのは、コロナが収束した後どうなるのか、ではないでしょうか。

少し先の未来を見据えて、今できることのひとつにぜひ加えてみてください。

 

 

明石市, 兵庫県, JPのHouzz登録専門家Kanako Ohnishi

◆LINE公式アカウントをはじめました!

友だち追加
疑問・質問はサクっとLINE!

◆ただいま、新規のご依頼は2件お受けできます ※随時更新※       

◆転職または未経験からインテリアコーディネーターを目指す方へ向けて書いています
→インテリアコーディネーターとして仕事をするということ

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ