date | 2019.9.23
安全性?デザイン性?どちらもないがしろにはできません。

造作家具デザイン
Houzz

明石市, 兵庫県, JPのHouzz登録専門家Kanako Ohnishi

安全性か、デザイン性か。


「安全性かデザイン性かと問われた場合、何をおいても安全性が優先です。」

今年担当させていただいた【インテリアコーディネーター一次試験対策講座】にて、口を酸っぱくして語ってきた大西です。
→【インテリアコーディネーター試験対策】覚えて済むモノは、覚えるべし。

が、

実際には安全性を優先すると、デザイン的にペケペケとなってしまうことが多々あるのです。
安全性を確保しつつデザイン性も損なわないこと。
これがインテリアに関わる仕事において、とても重要な部分かなと思います。

 

入念にチェック✔

ということで、造作家具の制作に際し
いつもお世話になっているスギタニ木工・杉谷さんと、木材のしなり具合をチェックしているところ。
施工方法にも関わってきますので、これは本当に大事なところです。

造作家具デザイン

 

 

仕上りもチェック✔

併せて仕上げ材の確認もしておきます。
木目の出方と方向、色合いなど。

安全であることは当たり前なんですね。
お客さまが判断されるのはあくまで目に見える部分ですから、ここも念入りに確認しておきます。

造作家具デザイン

という、知られざる『仕事の裏側』のご紹介でした。

 

 

明石市, 兵庫県, JPのHouzz登録専門家Kanako Ohnishi


◆ただいま、新規のご依頼は2件お受けできます ※随時更新※
◆お問合せはこちらからお願いいたします           

空間ブランディング


経営者のみなさま、空間意匠にお困りではありませんか?
事業用空間、商業用空間のブランディングは、
ジオインテリアワークスへご用命ください。
お客様のビジネスシーンに最適なインテリアデザイン/コーディネート/スタイリングと
それらに付随する各種サービスをご提供しております。

 

◆ホームステージングサービスをメニューへ追加しました
→Home Saging ホームステージング

◆転職または未経験からインテリアコーディネーターを目指す方へ向けて書いています
→インテリアコーディネーターとして仕事をするということ

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ