date | 2018.4.9
インテリアコーディネーターの、(疑似)恋愛事情。

ハートブレイク
Houzz

「失注」「ご縁がなかった」などなど、ドライにもソフトにも色々な言い方があります。
要は、お客様から断りのお返事を頂くこと。
そのときの心情は、「失恋」に酷似しています。

あんなに思いを伝え合って
長い時間を一緒に過ごして
いつもあなたのことを思い
共に歩む未来を夢見ていた

のに
ど、どうしてー・・・(涙)

 

限りない喪失感を伴う、悲しくせつない気持ち。

インテリアコーディネーターのお友達・山本純子さんのお宅へ
インテリアコーディネーターのお友達数人でおじゃましたとき、そんな話になりました。
→リフォームを終えたお宅拝見―インテリアコーディネーターと見る、インテリアコーディネーターの家―

「え?あの時間は何やったん?」
「ずっと一緒にいてたやん?」
「好きやったよね、お互いに?」
「そうそう、泣けるわ~。」

盛り上がること盛り上がること。
法人・個人、男性・女性にかかわらず
インテリアコーディネーターはお客様と疑似恋愛をしているのですよ。
そして失注したときは、まさに失恋感情を味わいます。

これが
いつまでも若くいられる秘訣かな♪

というのはウソで
むしろこの歳で失恋とか、もう体がもたないので勘弁してくださいというような、そんな気持ち。

ほんと、勘弁してください。笑

でも、引きずっていてはいけません。
ポッカリと空いた心の穴を埋めるには、さっさと次の恋(案件)へ邁進するに限るのよ。

インテリアコーディネーターに女性が多いのも頷けますね。

 

 

 


ただいま、新規のご依頼は1件お受けできます。※随時更新※空間ブランディング

経営者のみなさま、空間意匠にお困りではありませんか?
商用空間のブランディングはジオインテリアワークスへご用命ください

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ
ページのトップへ