date | 2017.11.19
長崎のインテリアコーディネーター・田崎由美子氏と「インテリア女子会 in 神戸」

Houzz

ラ・スイート神戸ハーバーランドのラウンジ&バー、グラン・ブルー。
品良くラグジュアリーなこの空間で、カッコいい女性に会った。

YUMIKO TASAKI DESIGN ROOM 田崎由美子氏。
ピンからキリまで数多く存在するインテリアコーディネーターの中で、ピンに分類されるプロフェッショナルのひとりだ。

ラ・スイート神戸ハーバーランド 田崎由美子
インテリアセンス、コーディネートスキル、ビジュアル、酒の強さ、挙げようと思えばいくらでも挙げられるけれど、この人の究極のカッコよさは、”惜しみなく与える気風の良さ”にあると思っている。
与えるとはもちろん、モノ(物質)ではない。
ややもすると閉鎖的、排他的になりがちな、フリーランスインテリアコーディネーターたちがひしめく世界で、あけすけなまでに情報を開示し、一人ひとりに愛情を注ぐ。

JAPANTEX2017、仕事、業界、組織、面白おかしく毒を盛りつつ、あらゆることへ話は及んだ。
この人の口から出ると、毒が全く毒々しくなくなるのだ。
愛情あふれる人とは、こういう人のことをいう。

場所を北野へ移し、2名の友人が合流しての「インテリア女子会 in 神戸」。

神戸北野 レシピ

 

田崎由美子さんと神戸北野で会食

この人は肝も座っている。
私の危なげな運転に少しも動じる気配なく、別れ際の最後の最後までカッコよかった。
長崎の女=カッコいい女。
頭の中で、そんな図式が出来上がった。

 

与えるのはモノじゃないと書いたけれど、実はモノもちゃっかり頂いている。

田崎由美子さんのおみやげ

本当に、何から何まで心憎い、カッコいい女性なのだ。

 

 

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等、インテリアデザイン/コーディネートの新規ご依頼は2件お受けできます。
※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ