date | 2017.11.10
コレクションフェア2017 @グリーンコーディネーション フズ

Houzz

東大阪にあるgreen coordination fuz:さんは、リアル・フェイクのグリーンとお花、小物・雑貨など、ハイセンスな商品をたくさん取り揃えられていて、関西のインテリアコーディネーターさんがモデルハウスに等に利用することの多い、よく知られたお店です。
モデルハウスを手掛けたときにお世話になって以来、毎年フェアのご案内をいただきながら、なかなか伺うことができずにいたのですが、ようやく今年、当時のモデルをお手伝いいただいたテーブルコーディネーターの友人と一緒に、11月4日から10日まで開催中のコレクションフェア2017へ伺うことができました。

入っていきなり圧倒される、クリスマス仕様の迫力ディスプレイ。

 

 

ものすごく時間がかかったそうですが、納得です。
どの角度から切り取っても絵になる。

 

 

天井まで丁寧に装飾された空間は、ダイナミックで見応えがありますよ。
家具のレイアウト、動線、使い勝手・・・と、床にばかり気を取られがちな多くの人にぜひ見てもらいたい。
空間ってこういう使い方をしてもいいんだ!?と、目からうろこが落ちることでしょう。

 

 

私にはパンチが足りないんですけど、こう思って載せてみました。
この感じ、多くの女性に支持されそう。下心を自己申告しときます。

 

 

 

こちらは2Fのラウンジ、普段はオーガニックカフェとしてランチを提供されているお部屋です。
この建物はもともと住宅だったのを改装されたそうなのですが、もともとがそもそもカッコいい。
コンクリートと木の組み合わせ、大好きなんです。
コンクリートに金属を合わせるとバブルの香りが漂うので、意図しない場合は気をつけましょう。

ノラさん出てくるよ。(fuz:さんとは一切関係ありません)

 

 

 

実は、fuz:さんへ来る直前まで友人とランチをしていたので、お腹はいっぱいだったんですけど

 

 

勧められるがままに、食べるのよ関西のおばちゃんは。そして、とっても美味しかったです。
「今日はさ、晩ごはん抜きにしよ。」

 

 

と、食べる話はどうでもいいですね、ラウンジの反対方向です。
棚のディスプレイが参考になりますね。間のとり方が絶妙です。

 
1Fとは螺旋階段でつながっていて、階段室をつき抜けるグリーンとディスプレイを鑑賞しながら降りられます。
良い気分にひたれる階段室。

 

 

fuz:さんには温室が併設されています。
横に這うような枝ぶりの樹木、こういう面白い形は、全て人工的に作っているとのこと。
自然界では、まっすぐ太陽に向かって伸びていくのが常ですから、と、伺って改めてああそうかと思うんですね。
私たちはどこか、自然界の木と観葉植物を別ものとして見ているところがあるような気がしますね。
「本来は大地に根を張って、大きく大きく育つんです。
私たちが扱っている観葉植物なんて、ほんの”赤ちゃん”ですよ。」

 

 

いろんな”赤ちゃん”たち。
不自然な姿を強いているのねと悲嘆にくれては、樹木だって浮かばれません。
気分を癒してくれて、目を和ませてくれて、空気をきれいにしてくれて、空間に緑を添えてくれて、インテリアとして楽しませてくれて、部屋で自然を感じさせてくれて、他にもありますよね、人によっていろいろな、それを必要とする理由のために、観葉植物になってくれて、
ありがとう!と言おう。

 

 


実は私も”赤ちゃん”をお持ち帰りしたのですが、長くなったので続きは次回に書こうと思います。

 

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等、インテリアデザイン/コーディネートの新規ご依頼は2件お受けできます。
※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ