date | 2017.10.31
森瑤子の世界をインテリアへ表現すると・・・

Houzz

森瑤子さんの小説をよく読んでいた20代前半の頃、大人の女性とはこんなにドラマチックに生きているものなのかと、素直に信じていました。
自分が大人になった今、改めて読んでみると、きらびやかな虚構の世界に濃厚なバブルの香りが漂う物語なのだよと分かるのですが、分かってなお惹かれるものが、森瑤子さんの小説にはあるような気がします。
モデルハウスも店舗も、きらびやかな虚構の世界という意味では同じかもしれませんね。

先日ご紹介したサイト・Houzzで、森瑤子さんのお嬢さん、ヘザー ブラッキンさんが書かれたウェブマガジンを読むことができます。
インテリアと収納のお仕事をなさっているそうで、ウェブマガジンはたくさん書かれていますが、その中に、お母さんのエッセイを引用されたものも何点か含まれています。
ファンだった方、いかがですか?

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等、インテリアデザイン/コーディネートの新規ご依頼は2件お受けできます。
※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ