date | 2017.10.13
Living&Design2017、最終日へすべり込みセーフ。

Houzz

日程が現場と重なったこともあって、今年は行かなくてもいいかなと思っていたインテリア見本市、リビング&デザイン。
でも行った方が次々と、今年は良かった、面白かったと、フェイスックへ投稿されるのを見て、そうなの?と興味がわいてしまい、最終日の夕方に駆け込んできました。
毎年ですが、この赤を見ると気分が上がります。

こちらは積水ハウスさんのブース。
ガレージの設定だそうです。デッキに小部屋、壁面収納その他もろもろがしつらえられて、大人の遊び場になっていました。
うちの事務所もいい勝負な程度の小部屋ですけどね。

 

 

こちらはデザインアークさんのブース。
デジタルプリントの壁紙と椅子の貼り地がコーディネート展示されています。
「どっかで見たことのあるような感じだけど、オリジナルだから。笑」
知り合いの方に会い、そう説明を受けました。笑
デジタルプリントもだいぶ普及してきましたが、価格はまだ若干高めです。

 

 

トラだ!(←猛獣好き)と思ったら、阪神タイガース・・・いえ、嫌いじゃないけど。
3枚の襖のうち右2枚はガラス製、設計価格は18万円だそうです。
「関西なら需要がありそうだと思いましてね。」とのこと。確かに、あるかも。

今年は例年になく、多くの友人知人に出会いました。最終日すべり込み組多し。
各メーカーさんから資料もたくさんいただいたので、早速お客様へのご提案にも活かしていこうと思います。

 

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等、インテリアデザイン/コーディネートの新規ご依頼は2件お受けできます。
※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ