date | 2017.9.7
「心地よさ」の幻想に、振り回されるにゃ。

Houzz

シンプルで、すっきりしていて、明るく広々として、日が差し込み、風が通りぬける・・・
「心地よい部屋」というと、どうですか、そんなイメージ?

ちなみに私それを、体育館と呼んでます。
市営や区営のところがたくさんあるので、使いたいときは借りられますよ。わざわざ自分とこに作らなくても。

 

 

・・・ねぇ。
住宅メーカーのCMみたいなコピーを真顔で唱えていたら、こんなふざけたヤツにいじられますよ。

私が最近、いいねぇ~とニマニマ眺めているのは、LINEのCMの部屋。楽しすぎる。いろんな直感が降ってきそう。

 

私にとっての心地よさは、楽しい、面白い、わくわくするとか、そういったところとイコールなので、この部屋好き。

 

体育館が自分にとって心地よいのだと本当に思っている人はたくさんいるでしょう。
それはそれで何の問題もないのだけれども、そうじゃない人は、わざわざ体育館のことを考えなくていいですから。
「心地よさ」の幻想に、振り回されるにゃ。

「心地よい部屋」でググったって、正解にはたどり着かないからね。絶対にたどり着かないからね。
自分に聞いてください。何でしたらジオインテリアワークスがご相談に乗ります。

「クラシックは心を静め、心地よく過ごすのに最適な音楽です。」そうどこかで聞いてきて、本当はR&Bが聴きたいのに、たいして好きでもないクラシックを車に流し続けていたあの人にも、そうだ、同じことを言ってあげよう。
「心地よさ」の幻想に、振り回されるにゃ。

あの人?あ、私です。

 

 


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等、インテリアデザイン/コーディネートの新規ご依頼は3件お受けできます。
※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ