date | 2017.1.26
魅惑の街・高砂 ―荒井 廃墟―

Houzz

高砂・荒井にある「荒井 廃墟」という名前のカフェへ行きました。
古民家ではありません、廃墟、ハイキョ。
暗くて見えないのですけど、天井から朽ちた建材がぶら下がったりとかしています。
お店の奥も、このような朽ちっぷり。
アクリル板でカバーして、あえてそのまま見せるという斬新な発想がおもしろい。
レストランスペース以外は、全くさわっていないのですって。
いかにさわらないでおくかというのが、店舗の構想においてとても重要なポイントだったそうです。
さわると普通の古民家になっちゃいますから。ふふふふふふ・・・。(岩田さん談)
店主の岩田さんは、廃墟と相反する、パリッとした身なりで迎えてくれます。
面白い方です。
お話ししていると、変人だとすぐに分かります。(あ、すみません)
換気扇は絶対廃墟に合わないという意見が大多数で、じゃあ天井を抜いたらどう?って。
言ってみたらそんまんま通っちゃったんですよ、ふふふふふふ・・・。(岩田さん談)
清潔を保つことには気を遣っています、レストランなので。
ふふふふふふ・・・。(岩田さん談)
次に来られる時には天井がどこか抜け落ちているかもしれません。
ふふふふふふ・・・。(岩田さん談)
岩田さんは神戸から通われているそうですよ。
私も神戸から通っています。
魅惑の街、高砂。
人を惹きつける何かがあります。
一度来たら最後、二度、三度と通ってしまうようになりますよきっと。
私は、高砂ショウハウスでお待ちしております。笑
※高砂ショウハウスは「山陽曽根駅」、荒井 廃墟さんは「荒井駅」です。
 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ