date | 2018.5.14
「自信がない」って、こういうこと。

又吉直樹 椅子
Houzz

「自信がなくて発表できひんのよね、間違ってたら恥ずかしいやん。」

思春期真っ只中、人生MAXな”恥ずかしさの径”を持つ女子中学生・コムスメが言いました。
ステレオタイプな”学校あるある”ですわ。

先日お会いしたある方から、私、こんなお話をお聞きしたんです。

「自信がない」と口にするのは
「私は日本人です」「私は女性です」と言っているのと同じことです。
わざわざ言うまでもありません。
そして、できない理由にもなりません。

その方は”自信のなさ”の意味を、静かな口調で簡潔に、こうおっしゃいました。
私は思わず、うぅーーーん・・・と深い相槌を打っていましたね。

 

それを思い出し、コムスメに話して聞かせました。

ふぅぅーーーん・・・
お、中学生にも響いてる、響いてる。

大人のあなたになら、もっと響いているでしょう。

 

ホテルグランヴィア大阪のブルーベリータルト

 

私は子供の頃から視力がよくて、いわゆる”遠視”というやつです、この手は老眼が来るのも早いんです。
メガネがなければ、自分が口に運んでいる目の前の食べ物も、実ははっきり見えません。

でね、このブルーベリータルトは、はっきり見えていなかったからよかった。
→又吉直樹×濱口重乃・スペシャルトークイベント「椅子を語る」@コンフォートQ

私、集合体恐怖症なんです。
もしクリアに見えていたら、食べきる自信はなかった。
この写真を真正面から眺める自信もありません。

と、
こういう”自信のなさ”じゃないのよね、前述の”自信のなさ”というのはね。

余計な例え話はいらなかったですか。
スミマセン。

 

 


ただいま、新規のご依頼は2件お受けできます。※随時更新※空間ブランディング

経営者のみなさま、空間意匠にお困りではありませんか?
商用空間のブランディングはジオインテリアワークスへご用命ください

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ