date | 2017.8.12
【Oil lamp】オイルランプ

Houzz

”ハリケーンランプ”として、カラフルな現代もののLED器具が流通しているのをご存知ですか?
その原型となったのが、今日ご紹介するこのランプ。

 

 

日本の古い照明器具。
台座が油器となっていて、オイルの染み込んだ芯に火を灯して明かりを点けます。
はるか昔、どんな光景を照らしてきたのでしょうね。
実用可能ですが、実際にご使用の際には、芯の交換をおすすめします。

 

 

吊り・置き、両用です。
デザイン性が高く、オブジェとしても、とてもおすすめ。

 

すべてをお見通し。
そしてすべてを受容して。
長い年月を超えてきた、強く静かな姿です。

 

こんなランプを前に、なにを取り繕う必要などありましょう。
そう静かに心が揺れるのです。

商品情報

寸法w210 H300(全高500)D160
状態
実用可 ※芯の交換をお勧めします
年代明治~大正
価格30,000円
在庫1
お問い合わせ
更に詳細をお知りになりたい方・ご注文をご希望の方は、商品名をご明記の上こちらからお問合せください。
商品のディティール・配送料その他、ご指定の事項について詳細をお知らせいたします。 お問い合わせ
 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ