date | 2017.6.15
大西さんは、錆びが好き。

Houzz

先日終了した「明石街歩きツアー」のメニューのひとつに、”明石から淡路までクルージング!”というのがあったのです。いえ、計画したのです私が。
これを楽しみにしてくれていた方もいらっしゃって、さあいざ!と当日を迎えたらば、狙い撃ちにあったかのような雨に見舞われました。なんのことはない、昔の”たこフェリー”なんですけど、(明石大橋がない時代の交通手段:超ローカルネタ)せっかくなので乗ってきましたよ。

はい、みなさん意気揚々と乗り込んで。

淡路へ近づいたとき、トップの画像の、鉄と錆の塊が現れまして、かっこいい、めっちゃかっこいい!と食いついた私を見て、どなたかが言ったひとこと「大西さんは錆びが好き」が、今日のタイトルです。
ああ、そうかも、と思って。
高砂ショウハウスの錆シリーズを、こよなく愛しているのですもの。



ちなみに私の食いついた”ドックヤード”は、船を入れて修理したりするところなのだそうです。
さて帰りのフェリーは、果敢にもスギタニ木工・杉谷さんが、雨風にさらされる外のシートへ座ってスタンバイされていて楽しそうだったのにつられて、私もチャレンジ。

もう、何かに取りつかれたように写真撮ってます。
雨・風・揺れの中で。

なにを必死に撮っていたのか、自分でもよく分からない。

そんな、クルージング体験のひとコマでした。楽しかったです。必死だったけど。


◆『リフォーム&リノベ―ション インテリアコーディネーター名鑑 2017』へ掲載していただきました。
◆『リージェンシーにモダンと毒を』 世界にひとつの自分らしい家づくりを応援するWEBマガジン・イエマガ「海外ドラマの間取りとインテリア」へ執筆させていただきました。
◆ただいま、リフォーム・リノベーション・新築内装プラン等の新規ご依頼は、3件お受けできます。※随時更新※

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ