date | 2016.11.21
一瞬だけ現れる姿に萌える件

Houzz

ほぼスケルトン状態となったフルリノベーションの現場です。

息子が生まれたとき、病院でホヤホヤの肌に触れながら考えていました。
「新生児のこの子に頬ずりできるのは、私だけ。この肌の感触を知っているのは、私だけ。」

素っ裸の現場にいると、なぜかそのときと同じような気持ちになります。
(素っ裸で、ではない。それをやると変態)

この姿が現れるのは一瞬だけ。すぐに造作が始まって、部屋の顔になっていきます。
一瞬現れたこの姿を、知っているのは私だけ。

・・・実際には当然私だけでなく、関わる人たちみんなが知っているのですが
決して世間の人々の目には触れない姿に萌える件。

では写真をご覧ください。




次回レポートもどうぞお楽しみに!

 ブログ一覧 

関連する記事

blog

仕事、人びと、思うこと。
わたしがいきる場所のこと。

ブログへ

関連するコンテンツ

ページのトップへ